税理士の専門学校

税理士税理士とは、税務に関する国家資格をもったスペシャリストのことです。主な税理士の業務は、納税者の代わりに確定申告を行う税務代理と、税務署に提出する資料作成です。私たちは、毎年所得税や消費税、固定資産税などを払っています。しかし、仕組みは素人の私たちがミスなく行うにはかなり複雑です。従業員を雇っている企業の納税は個人のものとは比にならないほどにものすごく複雑で専門知識を必要とします。計算も煩雑で、忙しい年末に行う時間もなかなか取れません。こうした起業をサポートし、税金を正確に円滑に納めるサポートをするのが税理士です。いうなれば、税理士は企業の最強のパートナーと言えます。

そのほかにも、企業と顧問契約を結んだ場合は、月に1度企業を訪問し、経営相談へのアドバイスを行います。具体的に言えば、企業の帳簿を確認し、無駄がないか確認したり、今後の経営方針や節税対策についてのアドバイスをします。また、新事業への参入を考えている場合、いかにして融資を取り付けるのかも税理士の腕にかかっています。ですので、税理士になるためにはかなりの専門的な知識を習得し、応用できるようにしなくてはいけません。試験もかなり厳しいものとなっています。そのためか、今若い税理士がとても不足しています。20代が、1%、30代が10%、40代が15%それ以外の74%は、50歳以上なのです。税理士は、独占業務があり、多くの方が独立開業して生涯続けています。いわば、定年のない安定した職と言えます。本サイトは、税のスペシャリストである税理士になるための方法専門学校に関して紹介するサイトです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です